母乳に含まれる成分|健康的な体を維持したいなら女性ホルモンを増やす方法を知っておこう
レディー

健康的な体を維持したいなら女性ホルモンを増やす方法を知っておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

母乳に含まれる成分

ウーマン

ラクトフェリンとは、哺乳類動物の母乳に多く含まれている成分になります。特に人間の母乳に多く、出産から数日出る初乳に多く含まれています。鉄と結合する性質がある糖タンパクで、鉄に結合することによって細菌の増殖を抑える働きがあり、赤ちゃんを感染から守る感染防御成分として働きます。また、様々な効果があることから赤ちゃんだけではなく、大人にもメリットがあり、ラクトフェリンは人気の成分になっています。具体的なメリットとしては、免疫力の向上、腸内環境を整える、貧血予防やドライアイの改善、骨粗しょう症の予防、ストレスの緩和などの効果を得ることができます。摂取するにも様々な方法があるため、積極的に摂取することがオススメです。

ラクトフェリンが含まれている食品としては、乳製品がオススメです。しかし、ラクトフェリンは熱に弱いという性質がり、加熱加工されたチーズや牛乳にはほとんど含まれていないため注意が必要となります。食品で摂る場合には、低温殺菌牛乳や低温で処理されたチーズに含まれています。しかし、食品だけで健康に良いほどの量を取るのは難しいため、粉ミルクやヨーグルトなどに添加されている商品があるためそれらを選ぶことが効果的です。また、サプリメントの形でも販売されていることから効率的に摂取することができるようになっています。摂取する時間としては、就寝前に飲むことによって胃腸がリラックスしている寝ている間に吸収率が高まります。